052-777-2881 休診日/水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

喘息治療コラム

【2月👹花粉が飛散し始める時期🍫早めの対策を!】

2024年1月18日

 喘息患者さんでは、花粉により喘息症状が悪化することがあります😷スギ花粉は名古屋地方では毎年2月初旬頃から飛散し始めますが、今シーズンは暖冬の影響もあり飛散開始の時期が早まる可能性もあります…^^;花粉が飛びやすいのは、晴れて気温が高い日☀️、空気が乾燥して風が強い日、雨☔️上がりの翌日などと言われています。花粉症対策とともに毎日の喘息治療もきちんと続けましょう!

 

【医師の指示どおり、毎日治療を続けていますか?】
 薬によって咳や発作などの症状が一旦ややおさまると(一見、治ったかのようにみえているだけなのですが…)「喘息が治ったかな?」と思って治療をやめてしまっていませんか?(「小児」👦はともかく「成人」👨喘息は残念ながら完全に治ることはありません)症状がなくても気道の炎症は続いています!そのまま薬をやめてしまうと病状がどんどん悪化するだけでなく、やがて気道が狭い状態のまま元に戻らなくなる「リモデリング」が起こり、喘息が重症化してしまいます…(薬をやめてしまう前よりも、もっとより治りにくい状態になってしまいます…)軽い発作(症状)であっても、気道が収縮するたび(症状が悪化するたび)リモデリングが進むおそれがあります。その結果、インフルエンザ新型コロナウイルスどころかちょっとした風邪をひいただけで、季節の変わり目で朝晩が涼しくなり、ちょっと気温差が起こっただけで症状がひどく悪化😷してしまうようになってしまいますリモデリングを防ぐためにも、インフルエンザ新型コロナウイルスの感染による症状悪化を防ぐためにも、きちんと必要な予防接種を受けて、医師の指示どおりに症状が治まってもきちんと治療を継続してゆきましょう特に吸入ステロイド薬喘息の治療において重要な薬剤であり、新型コロナウイルス受容体であるアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)の発現を抑えたり、ウイルスが体内に入り込む際に用いられるセリンプロテアーゼ(TMPRSS2)というタンパク質分解酵素を減少させることがわかっており喘息の治療を継続することがいよいよ10に突入しつつある新型コロナウイルスの感染を予防することにもつながります!

診療科目

  • 総合内科
  • 呼吸器科
  • アレルギー科
  • 禁煙外来
  • 予防接種・特定検診