052-777-2881 休診日/水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

予防接種

予防接種

2017年11月15日

  • インフルエンザ
  • 日本脳炎
  • 麻疹・風疹(MRワクチン)
  • 二種混合
  • おたふく
  • 水ぼうそう
  • 肺炎球菌

インフルエンザ予防接種

大流行する冬が到来する前の10月中旬から12月中旬に予防ワクチンを接種するのがお勧めです。一般的には大人は1回、13歳未満の方は3~4週の間隔をおいて2回行います。受けていれば完全に予防できるわけではありませんが、インフルエンザにかかってしまったとしても、重症にならずに済むことが多いです。

知っていましたか?

名古屋市民の65歳以上の患者さまに対して公費で
インフルエンザワクチンを接種していただくことが可能です。
対象期間がありますので、お早めに予防接種を受けましょう。

肺炎球菌などの各種予防接種

肺炎は未だに死亡原因の大きな比重を占めている大切な疾患です。
肺炎の原因菌として有名な肺炎球菌には現在はワクチンが開発されています。
2014年10月より65歳以上の5歳刻みの年齢に該当される方で今まで未接種の方が助成対象となり、実費負担が大幅に軽減されました。
肺炎球菌ワクチンは通年接種可能で、1回接種後は効果が5年間持続します。

肺炎球菌ワクチンについて

ニューモバックスは名古屋市民の65歳以上の患者さまに対して、
1度のみ半額で予防接種を受けていただけます。
またプレベナーというワクチンも併用することで、より効果的に肺炎予防ができます。

当院では、プレベナーを注射してから、ニューモバックスを注射すると
効果の持続が期待できるため、この順番で接種されることをお勧めします。

診療科目

  • 総合内科
  • 呼吸器科
  • アレルギー科
  • 小児科
  • 禁煙外来
  • 予防接種・特定検診